【ダイワ】スレたバスに効くシャッドプラグ「スティーズシャッド」に新色追加!

ダイワのスレたバスに効くシャッドプラグ「スティーズシャッド」に新色追加!

STEEZ SHAD 2021 New Color

俺のワカサギ

f:id:basssoku:20210904155754p:plain

出典:DAIWA公式

54SP SR

そそるワカサギ

f:id:basssoku:20210904160101p:plain

出典:DAIWA公式

54SP SR

まるでワカサギ

f:id:basssoku:20210904160153p:plain

出典:DAIWA公式

54SP SR

マットクロキン

f:id:basssoku:20210904160240p:plain

出典:DAIWA公式

54SP SR

シラウオ2

f:id:basssoku:20210904164508p:plain

出典:DAIWA公式

54SP SR

テナガエビ

f:id:basssoku:20210904164558p:plain

出典:DAIWA公式

54SP SR

STEEZ SHAD

f:id:basssoku:20200908201051p:plain

タフコンディションの切り札。ナチュラルアクションシャッド。

クランクベイトでもなくミノーでもない、日本で独自の進化を遂げたシャッドプラグ。ハイプレッシャーエリアでの使用を想定し、過度な動きをを抑えたハイピッチタイトロールアクションと、ベイトフィッシュライクなコンパクトボディで、低活性時のバスにも違和感を与えることなくバイトさせることができます。

ローリングとウォブリングが混ざった目まぐるしいアクションはバスに見切られにくく、早巻きでのリアクションの釣りにも対応しています。SR・MR・DRモデルを水深別に使い分け、フローティング・サスペンドモデル、サイレントモデルでアクションやアピール力を調整可能。様々な用途。状況に応じて使い分けが可能なスティーズシャッドは、もはやシャッドプラグの決定版です。

"ショートピッチの釣りを得意とする54mmモデル"と"「飛距離を伸ばすこと」を重視した60mmモデル"

54㎜モデルには、ボディの斜め上方向に向かってウエイトルームが伸びた「ダウンヒル型重心移動システム」を採用しています。レスポンスの良さが最大の特徴であるこの重心移動システム。後方に移動していたウエイトボールが着水後すぐに前方に戻るため、アクションの立ち上がりが非常に良く、着水後の2、3巻きで勝負が決まるようなショートピッチの釣りにおいては特に大きな差となって現れます。

60㎜モデルは54mmモデルをただ大きくしただけでなく、ボディ後方に向かってウエイトルームが長く伸びた「フロントウエイトオシレート重心移動システム」を採用しています。ウエイトがボディの最後部まで移動すれば、それだけキャスト時に大きな遠心力が働くことになります。サイズアップしたことによりボディ内部に空間が生まれた60サイズには、より「飛距離を伸ばすこと」を重視した重心移動システムを搭載しました。この適材適所な重心移動システムの採用は、スティーズシャッド最大の特徴です。

f:id:basssoku:20200908201628p:plain

固定ウエイト&サイレント

f:id:basssoku:20200909155546j:plain
54㎜・60㎜共通でラインナップされているサイレントモデルには、「固定ウエイト」を採用しています。気象条件の急激な変化やハイプレッシャーなどでタフったバスは容易には口を使いません。

限りなく無音に近づけることで、よりナチュラルなアプローチを可能にしているのがこのサイレントモデル。あらかじめ魚の居場所が分かっているようなスポットでは、食わせ能力の高いこのサイレントモデルから投入するのもありです。簡単に識別できるように、サイレントモデルは「レッドアイ」仕様になっています。 

リップの角度と飛行姿勢

f:id:basssoku:20200909155644j:plain
飛距離アップを狙い、リップからボディにかけて流線形状のキレイなテーパーデザインとなっている。

これにより空気抵抗を減らし、飛行安定性=飛距離アップに繋がっている。

オカッパリでは圧倒的に使いやすいフローティングモデル

シャッドというとサスペンドモデルが基本で、厳寒期などにスローに誘うイメージをお持ちのかたも多いのではないでしょうか。しかしながら、細身のリップ&ボディを持ったシャッドプラグは決してカバーに強いルアーとは言えません。フローティングモデルにすることでもたらされるのは、カバー回避能力の向上です。何かにコンタクトした瞬間にストップモーションを加える。それだけで根掛かりは大幅に激減します。オカッパリの釣りにおいて、フローティングモデルは非常に使いやすいモデルといえるでしょう。

アイカラーの違い

f:id:basssoku:20200909155841p:plain

60SP DRのメリット

f:id:basssoku:20200909155935j:plain
関西のビッグレイクなどにおいて特に威力を発揮するのがこの『DR』。基本的に60㎜モデルはすべてベイトタックルでの使用を想定していますが、ライトラインのスピニングタックルを用いることで通常のシャッドブラグでは到達し得ない3.0mレンジまでをもターゲットレンジとしています。超タイトウォブルロールアクションのシャッドプラグがディープレンジまで到達することで、これまで食い渋っていたタフなビッグバスをも反応させることが可能になります。

ラインナップ

f:id:basssoku:20200909160045p:plain

出典:DAIWA公式

品名 タイプ サイズ 潜行レンジ
(m)
フック仕様
54SP SR サスペンド 54mm=4.6g ~1 サクサス加工
トレブル#8
54SP MR サスペンド 54mm=4.7g ~2 サクサス加工
トレブル#8
54SP SR-S サスペンド
(サイレント仕様)
54mm=4.6g ~1 サクサス加工
トレブル#8
54SP MR-S サスペンド
(サイレント仕様)
54mm=4.7g ~2 サクサス加工
トレブル#8
54F SR フローティング 54mm=4.3g ~1 サクサス加工
トレブル#8
54F MR フローティング 54mm=4.5g ~2 サクサス加工
トレブル#8
60SP SR サスペンド 60mm=6.3g ~1 サクサス加工
トレブル#7
60SP MR サスペンド 60mm=6.7g ~2 サクサス加工
トレブル#7

60SP SR-S

サスペンド
(サイレント仕様)

60mm=6.3g

~1

サクサス加工
トレブル#7

60SP MR-S

サスペンド
(サイレント仕様)

60mm=6.7g

~2

サクサス加工
トレブル#7

60SP DR サスペンド 60mm=7g ~2.5 サクサス加工
トレブル#7

60SP EX DR

サスペンド

60mm=7.3g

~3.5

サクサス加工
トレブル#7

60F SR

フローティング

60mm=6.1g

~1

サクサス加工
トレブル#7

60F MR

フローティング

60mm=6.5g

~2

サクサス加工
トレブル#7

ダイワのルアー「スティーズシャッド」 。冬のタフコンディションだけではなく年中活躍してくれるシャッドプラグです。モデルも幅広いので状況に合わせて使いわけも可能。是非気になる方は手に入れてください。

54SP SR